2011年06月24日

帰ってきたウルトラマン

第2次怪獣ブームの火付け役となった、1971年放映の『帰ってきたウルトラマン』から帰りマンこと、帰ってきたウルトラマンを立体化。

帰ってきたウルトラマン 青タイマ−Ver. ソフビフィギュア[アート・ストーム]

藤原辰弘による原型で、デフォルメタイプながら力強いプロポーションや細部のディテールにいたるまで絶妙にアレンジしている。
首・肩・腰・脚・手は可動。握り手・青タイマータイプ。



スケール:1/24



待望の特撮プロップminimini大作戦!第2弾登場!
本物のプロップから3Dスキャンで縮小!
前回の反省点を大幅に改良左右のバランス、歪み、総べてデジタルで修正を加えました。
細かい傷などはすべて削除。完成度の高い物に仕上がりました。



『帰ってきたウルトラマン』のMAT(Monster Attack Team)の人気メカ、マットアロー号がEX合金シリーズにてセットで発売決定。メカ原型の第一人者の真鍋正一氏により精密なディテールが再現・立体化!
各セットともミニメカや付属品なども多くボリュームがある内容になっており、ディスプレイしやすいベースが付属。

【サイズ】
マットアロー1号:全長約168mm
スペースアロー:全長約185mm
マットビハイクル:全長約50mm
マットサブ1号:全長約85mm

【セット内容】
合金マットアロー1号×1
ミサイル×4
ロケット弾ポッド×2
ランディングギア・カバー×各3
マットアロー1号用ベース×1
合金スペースアロー×1
スペースアロー用ベース×1
合金マットサブ1号×1
マットビハイクルA(ノーマル)
マットビハイクルB(パトライト)

帰ってきたウルトラマン
posted by グッピー at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ウルトラマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/211571865

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。